エクセル教室

COUNT(カウント)COUNTA(カウント・エー)関数の応用編

COUNT(カウンタ)関数とCOUNTA(カウント・エー)関数は連続していない範囲を足して求めることができます。

=COUNT(○:○)+COUNT(○:○)

 110-1.png

【+】を使うと、いくつもの種類が違う関数をつなげて求めることが可能です。

また、下記のように、AVERAGE(アベレージ)関数を使わずに平均を求めることもできます。

=SUM(○:○)+COUNT(○:○)

 110-2.png

COUNTA関数は、連番を振ることにも使用できます

皆さん、連番を振りたい時はどのように入力しますか?

下記の①~③の方法を使われていると思います。

① Ctrlキーを押しながら、1と入力されているセルの【+】を連番を振りたいセルまでドラックする

② 1.2と入力して、1と2が入力されているセルを選択して、範囲選択したセル右下の【+】を
  ダブルクリックまたは連番を振りたいセルまでドラックする

③ 1と入力して、次の連番を振りたいセルに【=○+1】と数式を入力する(○は1と入力したセルを選択)

この方法ですと、列や行の削除・挿入をした時に連番を振り直さなくてはいけません。
それが、【COUNTA関数】では、連番を振り直す必要がありません!!

=COUNTA($A$1:A1)

110-3.png

連番を振る場合は、カウントする始めのセル(A1)は空白のセルにならないようにしてください。
カウントする始めのセル(A1)が空白だと、0になってしまいます。

110-4.png

株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved