エクセル教室

論理値:TRUE(トゥルー)FALSE(フォールス)の関数

【AND・OR・NOT】などの関数で求めた時に表示される
TRUE(トゥルー)とFALSE(フォールス)の関数についてお勉強していきましょう。

TRUE(トゥルー)とFALSE(フォールス)の関数は、他のソフトとの互換性を保つ為に用意された関数です。
他の関数と違って関数名が【TRUE】、【FALSE】という関数です。
【TRUE】は「その通り」、【FALSE】は「そうではない」と覚えましょう。
TRUE関数は、必ず【TRUE】を返し、FALSE関数は、必ず【FALSE】を返します。また、引数は必要ありません。

111-1.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引数を指定すると、エラーが表示されます。

111-2.png

 

 

 

 

 

このように引数がありませんので、ワークシート上や数式の中に直接【TRUE】や【FALSE】と入力して使うことができます。

直接セルに、【TRUE】、【FALSE】と入力しても、論理値として認識されます。

株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved