エクセル教室

条件判定の関数AND(アンド)・OR(オア)・NOT(ノット)

【AND・OR・NOT】は条件を設定して求める関数です。
他の関数と組み合わせて求めることがほとんどです。
判定結果は、論理値:【TRUE】【FALSE】が表示されます。

AND・・・複数の条件が全て成立するかどうか
OR ・・・複数の条件のうちどれか一つ成立するかどうか
NOT・・・条件が成立しない時に、論理値【TRUE「その通り」】を表示

AND関数

複数の条件が全て成立していたら TRUE「その通り」 、
一つでも成立しないものがある場合は FALSE「そうではない」 を表示します。

=AND(論理式1,論理式2,…)

OR関数

複数の条件(論理式)のうちどれか1つでも成立すればTRUEとなります。
条件の数が増えるほど、条件が成立する【TRUE】になる可能性が高くなります。

=OR(論理式1,論理式2,…) 

NOT関数

論理式が成立しない場合にTRUEを返す関数です。逆に成立した場合にはFALSEを表示します。
等しくないことを条件にしたい時に使用します。

=NOT(論理式1)

論理式は1つしか設定できませんが、AND関数やOR関数を組み合わせれば、複数の条件で求めることができます。

=NOT(AND(A1="バナナ",B1="26"))

AND関数で【バナナである・26である】という2つの条件が成立しているか判定し、
【バナナである・26である】以外の場合は、【TRUE】を表示しています。

株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved