エクセル教室

COUNTIF(カウントイフ)関数Ⅱ

いくつかのデータをとりまとめる時に、だぶっているデータがあるのを探したい、
そんな時はCOUNTIF関数を使って求めることができます。

COUNTIF関数は「指定した条件に合うデータを検索し、
検索したデータに一致するセルの個数を求めることができる」関数です。

=COUNTIF(範囲,検索条件)

119-1.png

検索条件をセル参照するように設定することもできます。非常に便利に使うことができます。

A1~A30に入力されているデータの個数をそれぞれB1~B30に表示させます。

=COUNTIF($A$1:$A$30,A1)

範囲 : A1からA30
条件 : A1

A1に入力されているデータがA1からA30までの中で何個あるか

119-2.png30行目まで求めたいので、オートフィルまたはコピーで関数を貼りつけます。

119-3.pngこのように、ダブって入力されているデータの個数が求められます。
範囲選択は、列でも可能です。
しかし、列ごと選択すると、その列で離れた個所に入力されているデータも含めてしまいますので、確認が必要です。
これは『VLOOKUP関数』の範囲選択でも同様です。

株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved