エクセル教室

DATEDIF(デイト ディフ)関数

この日からこの日迄の期間を計算したい、そんな時はDATEDIF(デイト ディフ)関数で求めます。
単位は、年・月・日などで求めることができます。
2つの日付の年齢や期間を求めたい時に使うと便利です。

開始日と終了日には、日付を表すシリアル値を直接、またはセルを指定して求めることができます。

=DATEDIF(開始日,終了日,単位)

単位は下記のように指定することができます。

121-1.png

応用編

生年月日(1980/7/5)から本日(TODAY())までの満年齢("y")を求めたい時は?

=DATEDIF(A2,TODAY(),"y")

121-2.png

121-3.png

このように、直接入力ではなく、数式で入力して求めることもできます。

「○歳○ヶ月」と表示をしたい時は?

=DATEDIF(A2,TODAY(),"Y") & "歳" & DATEDIF(A2,TODAY(),"YM") & "ヶ月"

121-4.png

※注意※
DATEDIF関数は[関数の挿入]ダイアログには表示されません!!
直接入力をして入力をしましょう

121-5.png

株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved