エクセル教室

FIND(ファインド)関数の応用

FIND(ファインド)関数は、検索したい文字列の文字位置を求める関数です。

=FIND(検索する文字列,セル[,開始位置])


FIND関数の応用で、郵便番号と住所が合っているかの確認をすることができます。


郵便番号と住所のデータは、日本郵便のホームページよりダウンロードすることができます。

日本郵便→郵便番号検索→郵便番号データのダウンロード→必要なデータを選択→全国一括
をクリックすると、 csv形式の全国の郵便番号と住所データがダウンロードできます。

ファイルを開いて、左の2列を文字列で取り込んでから2列を【&-&】で合体すると郵便番号になります。

csv形式をテキストファイルで取り込む方法

 

0419-1.JPG

 

まず、郵便番号を検索地にして、都道府県名・市区町村名をVLOOKUPで表示します。

 

0419-2.JPGFIND関数を使って、VLOOKUPで表示した住所があるか求めます。

 

 

 

 

 

=FIND(C1,B1)

 

0419-3.JPG

 

2行目と8行目は住所の一部に相違があるので、「#VALUE! 」のエラーが表示されました。

株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved