エクセル教室

PHONETIC(フォネティック)関数

PHONETIC(フォネティック関数は、入力時のふりがなを求める関数です。

=PHONETIC(対象セル)

対象セル : 検索したい文字列が入力されているセルを指定します。

 

使用例

文字列が入力されているセルのふりがなを求めます。

表示は全角カタカナで表示されます。

=PHONETIC(A1)

 

0530-1.jpg

表示されるふりがなは設定された文字(ひらがな、全角カタカナ、半角カタカナ)で表示されます。
全角カタカナで表示されているので、半角カタカナに表示を設定します。 

PHONETIC関数が入力されているセルではなく、対象セルを範囲選択し、
【ホーム】の「ア亜」の横の▼をクリックして、【ふりがな設定】を選択します。

 

0530-2.jpg

【ふりがなの設定】の表示がでますので、【種類】から、(ひらがな、全角カタカナ、半角カタカナ)を選択できます。
【半角カタカナ】を選択して【OK】をクリックします。

 

0530-3.jpg

【東京都】は、ふりがなが求められませんでした。
メモ帳やホームページから入力すると入力文字が認識されず、 対象セルの入力が表示されます。

 

0530-4.jpg

その時は、対象セルをダブルクリックまたはF2でアクティブな状態にしてから、Enterを押すと
ふりがなが表示されます。

 

0530-5.jpg

 

株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved