エクセル教室

SUMPRODUCT(サムプロダクト)関数

SUMPRODUCT(サムプロダクト)関数は、
複数の条件を指定した配列の合計を求めることができる関数です。

 

=SUMPRODUCT(配列1,配列2,配列3・・・)

 

使用例

 

1

配列の積を計算し、さらにその合計を求めます。

1月~6月の金額×件数の合計金額を一気に求めることができます。

 

=SUMPRODUCT(B2:B7,C2:C7)

配列1 : 金額を範囲指定します
配列2 : 件数を範囲指定します

 

0725-1.jpg

2

商品【○】の判定【A】の個数を求めます。 
複数の条件(論理式)を【論理式*論理式】でAND条件の件数をカウントします。

配列1 : 商品を範囲指定して求めたい商品を指定します
配列2 : 判定を範囲指定してAを指定します
文字列は「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます


=SUMPRODUCT(($A$2:$A$23=E2)*($B$2:$B$23="A"))

 

 

0725-2.jpg

3

商品【○】の判定【A】の合計金額を求めます。

配列1 : 商品を範囲指定して求めたい商品を指定します
配列2 : 判定を範囲指定してAを指定します
文字列は「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます
配列3 : 金額を範囲指定します

=SUMPRODUCT(($A$2:$A$23=E2)*($B$2:$B$23="A")*($C$2:$C$23))

 

0725-3.jpg
株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved