マナー教室

役職序列のルール

             
             
仕事を円滑に進めるために役職は重要なキーワード    
多くの会社で役職の序列があります。責任の所在をはっきりさせ、  
会社での仕事を円滑に進めるためには必要なものです。    
会社によっては役職は異なりますが、主に会長や社長・取締役を「経営陣」、
部長や課長を管理職、係長などを監督者と分けます。    

 

【役職序列一覧】

以下は一般的な役職の序列です。大きな会社の場合は、管理職のサポート役として
「部長付」 「課長補佐」や、不在のときに同等の役割を担う 「○○代理」などのポストを
置く場合もあります。

会長 一般的に取締役会の長であり、社長よりも上位の経営責任者である。
日本では社長職を退いた人がなる場合が多い。
副会長 会長が社外的な業務を担ったり、経営戦略を練ったりする会社では
会長職を複数置く場合がある。そのため、会長職の中で序列をつけたものが
副会長職である。
社長 「社長」は内部呼称であるが、一般的に会社のトップを意味する。
代表取締役を社長と呼ぶ企業は多い。銀行では頭取が社長に相当する。
副社長 現場のナンバー2であり、社長を補佐する。副会長同様、複数置く企業や
全く置かない企業もある。
専務 社長を補佐する役員。会社の業務全般を管理する役回りであることが多く、
一般的に取締役または執行役が就く。
常務とは担当職務の違いだが、専務を上に置く企業が多い。
常務 会社の日常的な業務を担当する社長の補佐。
部長 複数の下位組織を束ねた部のトップ。部は取締役会の直下にあるため、
部長は一般的に管理職になる。
課長 組織の一部門である課のトップ。役職としては中間管理職であり、
一部門の監督的役割を担う。
係長 若手管理職に与えられる職務。現場での監督的役割を担う。
たいていは課の下に属す。設けない企業もある。

 

               
☆知っておきたい外資系の役職名
CEO…              
外資系企業において、取締役会が任命する業務執行役員のトップ。    
最高責任者であり、日本では会長や社長が兼任することが多い。    
               
               
COO…              
主に営業業務に責を負う最高執行責任者。CEOのひとつ下に位置づけられるが、
会長や社長とは異なる。日本ではCEOが兼務する場合もある。    
               
株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved