マナー教室

使いがちな若者言葉・クセ言葉10

普段から意識的に正しい日本語を使って…

       
社会人にふさわしい言葉づかいといえば、まず敬語を思い浮かべる人も多いと思います。  
でもその前に、日頃の言葉づかいをチェックしてみましょう。      
「超○○」 「私的には~」などの言葉を使っていませんか?若者特有の言葉は    
幼稚な印象を与えるためビジネスシーンではNGです!ビジネスとプライベートで  
言葉を使い分けようとしても、思わぬところで普段のクセが出てしまうもの。    
日頃から意識して正しい日本語を使うようにしましょう。      
               
               
               

ビジネスシーンではNG!

         

使いがちな若者言葉・クセ言葉10

       
               
【私的には】            
×  「私的にはA案でいきたいと考えております」      
○  「私といたしましてはA案でいきたいと考えております」    
自分の主張をぼかす表現で、日本語としても間違いです。ムダな言葉は省きましょう。  
とくに連発されると耳ざわりで、自信がないように感じられます。    
               
【よろしかったでしょうか】          
×  「コーヒーでよろしかったでしょうか」        
○  「コーヒーでよろしいでしょうか」        
過去のことを確認する意味で使うのは問題ありませんが、この場合は過去形にする必要は  
  ありません。            
               
【一応】              
×  「課長、一応作業が終わりました」        
○  「課長、作業が終わりました」        
一応ということは何か問題でもあるの?」と上司は思ってしまいます。    
そうでないなら、余計な言葉を挟まず事実のみをシンプルに伝えましょう    
               
【~でいいです】            
×  「それじゃ、コーヒーでいいです」        
○  「それでは、コーヒーをお願いします」        
自分の意見を言わずに、相手に合わせたような表現は、相手を非常に不愉快にさせます。  
               
【~になります】            
×  「こちらがデータになります」        
○  「こちらがデータです」          
「~になります」では、何かがこれからデータに変化するという意味に。    
               
【超○○】              
×  「超いいですね」          
○  「とてもいいですね」          
やはりビジネスシーンではNGです!日頃使っていると思わぬところで出てしまうので注意を…。
               
               
               
こんな言葉もNG!            
・ていうか       ・~みたいな      ・微妙      
・逆に          ・ヤバい         ・だって    
・全然いい       ・ありえない       ・って感じ    
株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved