マナー教室

食事の基本マナー

                 
                 
周囲への「思いやり」こそが究極のテーブルマナー        
本来のテーブルマナーで大切なのは一緒に食事を楽しむ相手はもちろん、  
周りにいる人々や料理人など、同じ空間・時間を共有するすべての人に対しての  
思いやりです。これこそが本当の意味でのテーブルマナーであるといえます。  
そのためにテーブルマナー以前の心得も学んでおきましょう。     
                 
                 
                 
TPOに合わせた身だしなみ            
レストランでの身だしなみ            
いつもより少しだけオシャレをすると、          
お店の方も「この人にぜひいいサービスしてあげよう」という気持ちになるものです。  
料理やワインは味とともに香りも楽しみのひとつです。その香りを楽しむために、    
レストランでは香りの強い香水は避けた方がいいでしょう。      
                 
                 
立食パーティーでの身だしなみ            
ドレスコード(服の格)に応じて、動きやすい服装を選びます。ヒールの高い靴は    
エレガントに見えますが、ハイヒールを履き慣れていない人は安定感のあるローヒールの  
靴を選ぶのがベター。バッグは料理を取り分けたりすることも考えて、肩や腕にかけられる  
ハンドバッグを選びましょう。            
                 
                 
お座敷会食での身だしなみ            
お座敷での食事は、正座をしたままあいさつを交わすので、胸元のあいた洋服は  
避けましょう。また、長時間の正座や足をくずす場合のことも考え、ボトムはフレアスカート  
などが無難です。指輪やブレスレットなどのアクセサリーは、高価な漆器などを傷つける  
場合がありますのではずしておくのがマナー。香水も、強い香りは控えます。    
                 
                 
                 
テーブルマナー以前の心得            
心得1                
携帯電話は、入店前に電源を切るかマナーモードに設定し、緊急の用件がある場合は
さりげなく席をはずして別の場所でかけましょう。
テーブルで電話に出たりメールなどをするのはNGです。
                 
                 
心得2                
写真撮影のシャッター音やフラッシュは、周りのお客様やお店の方の迷惑になるもの。  
店での撮影を禁止しているところもありますので、撮影をする場合は必ずお店の了承を  
得てからにしましょう。              
                 
                 
株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved