マナー教室

お祝いの贈り方

               
               
タイミング良くお祝いの気持ちを表現して        
お中元・お歳暮のような定期的な贈り物以外に、誕生や出産・昇進祝いなど    
暮らしの中にはお祝いの品を贈るシーンがあります。タイミング良くお祝いの    
気持ちを表現すれば、相手からも喜ばれることでしょう。      
贈り物はお祝いの内容に合わせ、相手が喜んでくれる物を選ぶことが大切。    
贈答品にはカードなどを添えておくとさらに好印象です。      
               
               
               
【さまざまなお祝いと贈り方のマナー】          
               
新築祝い              
入居後、落ち着いた頃を見計らって贈ります。お祝いの品は持参するのが正式な贈り方。  
事前に相手の希望を聞いて贈るのも良いでしょう。相手の趣味、センスに合わせた  
インテリアなども贈り物としてはおすすめです。また、「その場所にしっかり根付くように」  
との願いを込めて、植木を贈るのも良いとされています。新居は拝見するのが礼儀と  
いわれていますが、招待されてもいないのに押しかけることはやめましょう。    
               
               
結婚祝い              
結婚祝いはあらかじめ予算を伝えて、本人たちにリクエストしてもらうのが一番。  
仲間でお金を出し合えばプレゼントの幅も広がります。      
               
               
誕生祝い              
誕生祝いは気軽に贈れ、相手にもとても喜んでもらえる身近なお祝い。    
家族・友人・恋人はもちろん、同僚や先輩・後輩などの生年月日も記憶して    
さりげなくプレゼントを贈れば、きっと喜んでもらえるはずです。      
               
               
開店祝い              
開店記念パーティなどに出席する際に贈り物を持参しましょう。会場で飲める    
酒類などは喜ばれますし、無難です。また、花などを事前に贈っておくのもOK。   
               
               
入園・入学祝            
ごく親しい間柄か、親戚の子供に贈ります。贈り物を用意する前に    
両親や本人に希望を聞くと良いでしょう。文具や腕時計・図書券・財布・    
商品券なども喜ばれます。          
               
               
合格祝い              
内輪でお祝いするものなので、親しい間柄だけでOK。合格するまでの    
努力をたたえて、今後の励みになるようなお祝いの言葉も添えると良いでしょう。  
               
               
発表会              
入場料を払って参加する場合は贈り物をしなくてもOKですが、差し入れに    
その場で食べられるお菓子などを持参すると相手も喜んでくれることでしょう。    
招待を受けたときは、入場料に相当するフルーツやお花・清酒などを贈ると良いでしょう。  
             fuyu_0380.gif  
株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved