マナー教室

知っておくと便利なあいさつ例

               
               
慣用句を覚えて礼儀正しい文書に          
ビジネス文書における頭語や結語、前文と末文、時候のあいさつなどには決まった
言い回しがあります。前文と末文については、似た意味を持つ言葉を組み合わせて
使うことができますので、文書の内容や流れを考慮しながら使うようにしてください。
       
       

【頭語と結語】 

  一般的な
文書
改まった
文書
事務的な
文書
緊急の
場合
返事を出す
場合
再度送る
場合
頭語 拝啓 謹啓 前略 急啓 拝復 再啓
結語 敬具 敬白 草々 草々 敬具 敬具
             
             
             
             
【前文に使える慣用句】            
               
相手の繁栄をたたえる言葉   感謝の気持ちを表す言葉  
貴社 / ○○様 / 皆様   平素は / 日頃は / いつも  
           
には / におかれましては   格別(の) / たいへん  
           
ますます       ご高配 / ご厚情 / お引き立て  
           
ご清栄 / ご清祥 / ご繁栄 /   を賜り(まして)    
ご発展 / ご隆昌          
      厚く御礼申し上げます。 /  
のことと       深謝申し上げます。    
存じます。 / (心より)お慶(喜)び        
申し上げます。            
               
               
               
【末文に使える慣用句】            
               
相手の発展・幸運を祈る   今後に向けての願い    
末筆ながら / 今後     今後とも / これからも  
           
貴社の / ○○様の / 皆様の   よろしく / 一層の /    
      変わらぬ / 末永く    
ますますの / いよいよの /        
いっそうの / さらなる   ご指導 / ご厚誼 /    
      おつきあい / お引き立て  
ご健勝を / ご発展を /        
ご活躍を / ご多幸を     くださいますよう / のほど /  
      賜りますよう    
お祈り申し上げます。 /        
お祈りいたします。     お願い申しあげます。 /  
        お願いいたします。    
               
               
               
用件をとりまとめる     返信をお願いするあいさつ    
まずは / まずは取り急ぎ /   恐れ入りますが / お手数ですが /
まずは書中にて / まずは謹んで   ご多忙中とは存じますが  
略儀ながら書中をもちまして        
      ご返事をいただければ幸いに存じます。 /
ご報告 / お礼 / ごあいさつ   ご返事のほどよろしくお願い申し上げます。
お知らせ              
             
まで。 / 申し上げます。 /            
のみにて失礼いたします。 /          
まで申し上げます。 / いたします。        
               
株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved