エクセル教室

オートコンプリート機能

(1) 文字列データが入っている列の、一番下のデータのすぐ下のセルに「せ」と入力します。

000007_01.jpg

 


(2) 同列にある、最初の数文字の読みが同じものが入力候補として編集中のセルに表示されます。

000007_02.jpg

 


(3) この場合は、「セルの編集」が入力候補として出てきます。
   
   このときに、セルの数式という入力があった場合には【セルの入】まで入力しないと、
   
   【セルの編集】という入力候補は表示されません。

000007_03.jpg

 

(4) でてきた入力候補で確定したい場合は、[Enter]キーを押してください。

   違う入力をしたい場合は、[Enter]キーを押さずに続けて入力ができます。


 注:入力候補が英文の場合は、[Enter]キーを押すと、その候補を採用し、入力が確定します。

 続けて編集するには、[F2]キーで編集モードにし、[→]キーまたは[↑]キーを押してください。

 

オートコンプリート機能の設定

1 メニューの《ツール》→ 《オプション》でオプションのメッセージを表示します。

2 編集タブ(赤丸部分)をクリックします。

3 《オートコンプリートを使用する》のチェックで切り替えを行えます。

000007_04.jpg

 

株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved