マナー教室

心を込めたお礼


                 
新人のうちは、先輩や上司から仕事のフォローをしてもらうことが多いはず。ベテランでも、    
ときに後輩にピンチを助けてもらう場合もあります。どんな立場であっても感謝の気持ちを    
言葉や態度で示す素直さは忘れずにいたいもの。タイミングを逃さず心を込めて伝えましょう。  
                 
                 
お礼の仕方              
                 
ポイント1 迅速に              
お礼をしようと思ったら、すぐに実行に移すことが大切。        
タイミングを逃すと相手の気持ちもトーンダウンしてしまうからです。      
相手の都合もありますが、なるべく早くお礼の気持ちを伝えましょう。      
                 
                 
ポイント2 お礼の内容を伝える            
感謝の気持ちがあっても、言葉足らずでは相手に伝わりにくいもの。      
「ありがとうございました」だけではなく、「**の件では○○さんに素晴らしい方を    
ご紹介いただき、大変お世話になりました」のように具体的に言うと心が伝わります。    
                 
                 
ポイント3 気持ちを態度で示す            
態度や表情はつくるのではなく、いかに心を込めるかがポイントになります。      
心から相手に感謝する気持ちがあれば自然とお辞儀は深くなり、顔の表情も      
それにふさわしいものになるはずです。            
                 
                 
ポイント4 メールや手紙で再度お礼を            
お礼を述べた翌日にメールや礼状を送ると、より丁寧な印象になります。      
こうしたマメな心配りが、つき合いを長持ちさせる秘訣になります。      
                 
                 
                 
お礼をされたときのスマートな対応            
                 
笑顔で応じる              
横柄な態度や恩着せがましいことを言うのはNGですが、逆に恐縮しすぎると      
嫌味にとられる場合もあります。笑顔で素直に応じるのが一番です。      
                 
                 
素直な気持ち              
「こちらこそ勉強になりました」 「楽しくお仕事させていただきました」など、      
ひと言添えると相手に安心感を与えます。          
                 
                 
株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved