マナー教室

中華料理のマナー

               
               
目上の方を敬う気持ちを大切にみんなで楽しくいただく      
中華料理は大皿から料理を取り分けて食べるので、    
みんなで和気あいあいと楽しむことが良いでしょう。      
とはいえ、目上の方との食事ではやはり敬う気持ちを忘れてはいけません。    
回し台は上座から回し、料理は目上の方から取り分けるのが基本です。    
               
               
               
☆中華料理をいただくときは箸とレンゲだけで食べましょう      
中華料理では、どんなメニューも箸とレンゲを使っていただきます。    
また、お皿は一品に対して一皿使っていくので、      
ひとつのお皿に二品以上の料理を盛らないように気をつけましょう。  
               
               
               
食べるときの振る舞い【中華編】          
               
*スープのいただき方は?          
スープはレンゲですくい口元まで平行に動かして、レンゲを傾けるようにして   
また、中華料理では飲みます。レンゲの先を口の中に大きく入れるのはタブー。   
器を手に持つことは作法に反しますので、スープの器を直接口につけることはありません。   
             
                 
*チャーハンの食べ方は?          
チャーハンは取り皿をテーブルに置いたまま、レンゲを使って食べます。    
残り少なくなったら取り皿を傾けてレンゲで手前に集めます。      
取りきれなかった分は無理にすくおうとせず、そのまま残すのが中華料理のマナー。  
               
               
*麺類を食べるときは?            
麺類は音を立てずにいただきます。          
箸で麺を少し取り一、度レンゲにのせてから口元へ運ぶと      
スープが飛び散ることなくスマートに食べられます。      
スープを飲むときは一度箸を置いて、レンゲを利き手に持ち替えて飲みます。    
            foods_0433.gif    
               
株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved