エクセル教室

FIND(ファインド)関数

FIND(ファインド)関数は、検索したい文字列の文字位置を求める関数です。

=FIND(検索する文字列,セル[,開始位置])

検索する文字列 : 検索する文字列、又は、文字列の入ったセルを指定します。
            文字を直接入力する場合は、文字列の前後を「"」(ダブルクォーテーション)で囲みます。

セル : 取り出したい文字や数値が入力されているセルを指定します。

開始位置 : 検索を開始する文字位置を数値、又は、数値の入ったセルで指定します。
       数値は指定したセルの先頭を1文字目を1とします。
       省略した場合は、開始位置を 【1】 を指定したとして検索します。通常は省略する場合が多いです。

FIND関数は、指定した文字列を検索し、開始位置から一番初めにある文字列の文字位置を求めます。
全角・半角や、英字の大文字・小文字を区別します。
指定した文字列がセルにない場合は、【#VALUE!】のエラーになります。
FIND関数で求めた文字位置は、MID関数の開始位置として、利用することができます。
MID関数 

使用例

氏名が入力されているデータの、スペースの文字位置を検索します。

=FIND(" ",A1)

3.jpg

関数のパレット(ダイアログボックス)を使う場合は、
文字列を指定すると自動的に「"」(ダブルクォーテーション)が入力されます。
スペースを指定する場合も、、スペースを入力すると、【" "】となり、「"」(ダブルクォーテーション)で囲まれます。
開始位置は、一番初めから検索したいので省略します。

スペースが空いていない場合は、【#VALUE!】エラーとなります。

4.jpg

株式会社 JIM COMPANY
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-3-8 TEL 03-6206-2697(代表) FAX 03-6206-2698

Copyright (C) JIM COMPANY Co., Ltd. All Rights Reserved